水谷歯科医院

神奈川県横浜市 一般歯科・口腔外科・小児歯科

HOME»  小児歯科

小児歯科

小児歯科診療案内

小児歯科診療案内

 

まだ乳歯も生えていない乳児から、すべて永久歯に生え変わった時期までの治療を行います。治療は歯以外も治療の対象ですので、乳歯萌出前でも舌の下のすじ(舌小帯)の異常や口の中の出来ものも診断、治療します。

 

上皮真珠

上皮真珠

 

生まれて間もない赤ちゃんの歯肉(歯ぐき)に、直径1mm~数mmの白い小さな球状のかたまりが1個~数個かたまって見られることがあります。見ためが真珠に似ているところから、上皮真珠と呼ばれています。これは、発生の途中で歯を形成する組織が、歯を形成した後も吸収されずに残り、変化したものと考えられています。
そのまま様子を見ていれば、自然に消滅しますので治療の必要はありません。その後の乳歯の萌出にも何ら影響はありません。

 

上唇小帯

上唇小帯

 

上口唇(じょうこうしん)(上くちびる)と歯肉(しにく)の間のひだを上唇小帯といいます。このひだが歯肉中央部まで伸びている異常です。ひだは成長とともに上方にあがり退縮するので、多くの場合、様子をみます。
歯が生えてくるときに、前歯の間にすき間ができることがありますが、側切歯が生えてくると、すき間はなくなります。

 

舌小帯

舌小帯

 

舌の下にすじがあり、それが舌の先の方まで付着していると舌の運動、食事、会話に不自由します。その時は切除します。一般的には局所麻酔で数分で終了します。

 

ご予約・お問い合わせ お気軽にご相談ください